妊娠率アップに効果的な栄養素

妊娠中は身体のリズムが狂い、つわりでなかなか思うように食事が摂れなかったり、つわりが長引いたり、体調管理が難しいと思う人も多いと思います。
一番栄養を摂らないといけないこの時期に、必要な栄養が摂ることができなかったら心配になりますよね。
そんなとき強い味方になってくれるのが「サプリメント」です。

葉酸は、胎児の先天性異常リスク(二分脊椎・無脳症)を下げることができる栄養素です。
評価の高い葉酸サプリではほとんどのものが、天然成分使用/未使用・食品添加物ある/なし・放射能チェック検出ある/なしが表記されています。
また葉酸サプリには他にも栄養素、鉄分・カルシウム・ビタミンミネラルが含まれているものが多いです。

食材だけでは1日に摂れる栄養素の量も限られています。
マルチビタミンは葉酸、鉄分、カルシウム、ビタミンB6、ビタミン12などが配合されており、思うように食事が摂れないときや、体重増加による食事制限がかかったときに役立つサプリです。

妊娠中に摂りたい栄養素とはどういったものがあるのでしょうか。

葉酸は胎児の成長に欠かせない栄養素で、細胞をつくり出す役目があります。
葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害につながる恐れがあります。
お腹の赤ちゃん
妊娠中はおなかの赤ちゃんに鉄分が必要なため、今まで貧血になったことがない人でも、貧血を起こすことがあります。

ビタミンB群は、ビタミンB1・B6など10数種類あり、一つでも不足すると他の栄養素(たんぱく質など)の働きをさえぎってしまいます。

妊娠中は便秘になりやすくなります。
乳酸菌は腸内環境を整えてくれ便秘改善に最適な栄養素です。

妊娠中は高血圧症になりやすくなります。
これは胎児の歯や骨をつくるため母体のカルシウムを送っており、そのためカルシウムが不足してしまいがちになります。
カルシウムが不足すると胎児には十分なカルシウムが運ばれなくなり、母体は血行が悪くなり高血圧になるという心配が出てきます。

妊娠中に摂取を控えたほうがいい栄養素にはリンがあります。
リンは過剰摂取すると、鉄分やカルシウムの吸収を妨げてしまいます。
またビタミンAは妊娠中には必要不可欠な栄養素ですが、摂り過ぎると奇形児が生まれるリスクが高くなってしまいます。
先天性異常が発生するリスクを抑えるには葉酸サプリの摂取が推奨されています。